青果日和

0

生産者ご紹介

青果日和の思い

美味しい野菜や果物を栽培し、私達の心も身体も豊かにしてくれる農家さん。
安全で美味しく健康な青果物は、
長年の弛まぬ努力と農家さんの想いで育てられています。

毎日変わる産地や品種、変わり野菜も楽しいけど、
毎日食べる野菜・果物だから「いつものあの人」と言える
農家さんとの繋がりをお届けしたいと想っています。

本当に美味しい野菜との出会い、農業・農家さんへの応援とは、
末永く続く『心の繋がり』ではないかと
私達は考えています。
だから青果日和は定期購買を基本としています。

  • 神が宿るトマトハウス。【愛知県田原市 石井さん】

    愛知県豊橋市で40年に渡りトマトを栽培する石井さん。 石井さんのトマトハウスの扉は別世界への入り口。そこにはゴミも草もなく、青々としたトマトの苗がビシッとならび、 “凛”とした空気に包まれます。

    もっと読む

  • 農業は逆算。甘くてシャキシャキ長持ち 刈谷さんの玉ねぎ。【北海道美幌町 刈谷さん】

    北海道、美幌町。 オホーツク海から30kmほどの内陸に位置し、多くの人が農業を営む大産地。刈谷さんも、美幌町に生まれ、先祖代々の畑を受け継いだ一人。 でも、その農法は先進的です。技術指導を求める農家の声も多く、 次世代の育成活動にも力を入れています。

    もっと読む

  • 声に応え続けて、今の品質がある。関さんのケール。【茨城県東茨城郡 関さん】

    年間を通して、小松菜、水菜、春菊、小ねぎ、ルッコラ、バジル、ケールをつくり、 季節によっては、じゃがいも、にんじん、サツマイモなど、 たくさんの野菜をつくる関さん。所有するハウスは500棟に迫ります。

    もっと読む

  • ピンチをきっかけに農法転換。驚くほど健康的なにんじんへ。【北海道北見市 原谷さん】

    原谷さんのにんじん。その最大の魅力は、高い抗酸化成分を含むことです。 健康を意識して食べ続けているというファンも多く、 原谷さんのもとには、体調改善の喜びの声が届くそうです。

    もっと読む

  • 師匠に支えられ、成長し続ける藤井さんのトマト。【静岡県湖西市 藤井さん】

    父の跡を継ぎ農業の道へ入ったのは30年ほど前のこと。当時は何も分からずただ甘いトマトを追求していました。 「甘いトマトは出来たけど、まったく収穫量があがらず、どんどん経営が圧迫していました」と笑いながら話す藤井さん。

    もっと読む

  • 全国から弟子が集まる「コール農法」生みの親、長浜先生。【愛知県豊橋市 長浜先生】

    北海道から沖縄まで全国各地から指導を求めて農家さんが集まり、 中国や東南アジアなど、海外からも指導を求められる「コール農法」。 「コール」には、アルコールのコールと、 みんなを呼ぶ(Call)という意味が込められています。

    もっと読む