青果日和

0

Meet the Grower.

生産者ご紹介

2021.04.27

  • この記事をシェア

「土作りからこだわる」 甘くてフワフワのレタス【茨城県八千代町 丸城出荷組合】

関東随一の農業生産を誇る茨城県。
その南西に位置する八千代町では、広大な土地を使用してレタス栽培が行われています。

『土作り』にこだわりレタス生産を行っている、丸城出荷組合をご紹介いたします。
レタス栽培を始めて24年になる組合長の岩田さんを中心に、30〜40代のメンバー16名で栽培を行っています。

丸城出荷組合では毎作ごとに土壌診断を行います。
「安全な農産物生産」のため、減農薬・減化学肥料栽培に取り組み、ミネラルを含んだ有機質肥料を多く使っています。

「気候により栽培品種や栽培データが異なるので、他の地域が行っている栽培方法を真似るのではなく、八千代町に合った栽培をすることがポイントなんです」


と岩田さん。

適期に収穫を行い高品質のレタスを食卓に届けるためには、日々の生育状況の確認が欠かせないとのことです。

土作りからこだわり栽培された愛情たっぷりの春作レタスは、フワフワで柔らかく甘いのが特徴です。

「今年は病気も少なく、順調に生育しています」と笑顔の岩田さん。


自分のレタスを待ってくれているお客様の期待に応えたい。
その想いを受け継いだ息子さんが昨年就農したそうです。

八千代町では今日も、フワフワで甘いレタスの収穫が行われています。

 

 畑:茨城県八千代町
 生産者:丸城出荷組合
 
作物:レタス、ロメイン、サニー、グリーン(春作2月下旬~5月下旬、秋作9月下旬~12月上旬)